Wambler A Go Go!

ワンコを連れて、山へ、海へ、川へ、出かけよう!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ワンコと一緒にキャンプーモモが教えてくれたこと 

「ワンコと一緒にキャンプ」という題で記事を書いていこうと思ったら・・・「その1」をアップしたところで、途端にかけなくなってしまった。

書こうと思っている内容は、我が家の初代アウトドア・ワンコのモモが、失敗・成功も含めて全部彼女が身をもって教えてくれた事。実際、失敗から学ぶことの方が多く、彼女で失敗したことが、今、あんずをキャンプに連れて行く上で非常に役にたっている。



彼女が病気でその命を13歳と15日で閉じるまで、どこへ行くにもずっと一緒だった。どのくらいキャンプに行っただろう? 時には忙しいとーちゃんを置いて、ワタシとモモだけで出かけて行った。



いろいろ教えてもらったが、残念なことにお宝の在処は、教えてくれなかったな・・・

では、次からは「ワンコと一緒にキャンプ」をアップしていく予定です。


不定期更新なのでランキングに参加するつもりはなかったのですが・・・
人気ブログランキングへ
とりあえずこのへんにリンクタグを置いておくと・・・クリックしてくれるかしら?
スポンサーサイト

花を求めて歩けば 

東京の桜の開花宣言が出て以降、ずっと花冷えの毎日が続き、満開にはほど遠い状態。でも、菜の花は満開。

菜の花

菜の花の黄色は、みているだけで元気になれる色だ。(黄色は食欲増進の色でもあるしネ)

昨日、桜を見に行った公園は、まだまだつぼみは固く、風がとても冷たく、写真もとらずに早々に帰ってきた。

今朝、歩いた遊歩道の桜並木も、まだまだつぼみは固い。日当たりがよいところでやっと3分咲き程度。

桜

この分でいくと、見頃は来週末になるだろう。


花より団子のこのワンコ・・・

元気なあんず


散歩のあとにしっかりおやつを要求していた。

ワンコと一緒にキャンプーその1 

ワンコと一緒にキャンプーその1ー
●まずはじめに

いよいよ今週末から始まる高速道路土・日・休日1000円乗り放題(?)
住んでいる地域によっては、対象区管外だったりしますが、それでも割引率大幅アップ。遠出する人もワンコも多くなるでしょう。今年のGWや夏休み、ワンコと一緒のキャンプを計画されている方も沢山いると思います。


なので・・・

ワンコ連れキャンプ歴15年以上のワタシ、ここで自分の経験をもとにワンコ連れキャンプのノウハウというか経験から導きだした教訓(?)みたいなものを、これからGWまでの間、記事にしていきたいと思います。

まず最初に断っておきますが、ワタシはドッグトレーナーでもアウトドアの達人でもないということ。ワンコを連れてキャンプをしていたら15年以上経ってしまったということです。
あくまでもワタシの経験から「こうしたほうがいいよ」「これはどうも」ということを書いていくので、記事にしていることが絶対ではないということです。

「それは違うんじゃないか。こうしたら良いのでは・・・」というご意見は大歓迎です。
かなり前のことになりますが、ワタシが参加していたあるアウトドアの掲示板で犬のクルマ酔いについての質問が出たことがありました。その質問に「犬はクルマなんか乗りたくないんだ。犬が喜んでいるように見えるのは、飼主と一緒にいられるからだ」という書き込みがありました。この場合、質問者の意図は「犬がクルマ酔いするが、どうしたらよいか?」ということだったのに、その解決策も示さずに真っ向から反対するのはどうでしょうか?

繰り返しになりますが、ここに書いていくことは、ワタシ個人の経験から得たものや考えなので、どのワンコにも通用するわけではありません。ましてやこうすればワンコと一緒に楽しいキャンプができるわけではないのです。ただ、無用のトラブルや事故を防ぐために少しでも役立ていただければと思っているだけなのです。

リードあれやこれ 

あんずのリードは、コールマンのショルダーリードを使っている。

ショルダーリード


これが良い点は肩掛けで使えるので、引っぱり癖のあるワンコでも、オーナーが全体重をかければ、引っ張れるワンコはそうそういまい。

こんな感じ

       ↑こんな感じ

このショルダーリードの最大の利点は、両手が自由になるので、ウンPの処理の時に大変ラクなのだ。

両手は自由

(話がそれてしまうが、ワンコというのはどうして排泄が済むと、「それはワタシには関係ありませ~ん」的な態度をとるのか不思議)


多くのオーナーの方が使用している伸縮式リード。実はいままで伸縮式リードをバカにしていた。たかだか5m位ヒモが伸びるぐらいで、運動になるわけはない・・・と。
しかし運動にはならないが、ある程度の自由度をもって遊ばせるのには、ちょうどよいのかもしれいない。

伸縮式リード

早速体重25kgまでのものを購入してみた。

いつもの川の土手を、思いっきりリードを伸ばして歩いてみる。

伸ばし過ぎ

    ↑ちょっと伸ばし過ぎ


ルンルン…

歩く速度に合わせてリードを伸ばしたり、縮めたり・・・・

そしてリードに余裕がある分・・・

遊べます

お友達と遊ぶこともできそうだ。

リードは、何種類か用意してその都度使い分けした方が、ワンコには良いかもしれない。

裏磐梯・・・ぶらぶら歩いてみれば 

「今日は寒いなぁ~」と感じることもなく、冬が終わろうとしている。
なんてことだ・・・今年は冬らしい遊びをしていないじゃないか。1月に水上高原にあんずを連れて雪遊びに行っただけだ。雪が溶ける前に、せめてもう1回位は雪遊びがしたいと、日曜日(15日)に裏磐梯に行った。(詳しい案内は裏磐梯観光協会へ)

裏磐梯トレッキングコース

裏磐梯はトレッキングコースが沢山あり、自分の体力にあわせて楽しむことができる。観光シーズンは人も多いが、冬は静かな林の中の散策を楽しむことができるので、冬に行くことをおススメしたい。

歩き始め


クルマを裏磐梯サイトステーションに止め,身支度をして歩き始める。

寒さなんかに負けない


いつも雪遊びの時には、目印になるようにあんずに洋服を着せるのだが・・・・わすれてきた。

アタシはここよ

赤いハーネスで雪と区別はできるが、念のため今日はオンリードのまま。


休暇村ホテル

昼食は休暇村ホテルでとった。日帰り入浴もできるので、トレッキングしたあとに温泉で汗を流して帰ることもできる。(林の向こうにみえる建物が休暇村ホテル)

雪の林の中を歩くと、葉が繁っている時には見落としてしまいそうな・・・・

ドラミングの成果

啄木鳥(キツツキ)の立派な仕事の後を発見したりする。(これだけ大きな穴だと見落とすことはないかもしれないが)

のんびり歩く

こんなふうにのんびり雪の中をぶらぶらと歩いた一日だった。

午後になると、雪が降り出してきた。

山はまだ冬景色

まだまだ山は冬・・・・もう1回ぐらいは遊びにこれそうかな?

歩きはじめ 

Rambler とは「(公園や田舎道を)ぶらぶら歩く」とか「とりとめもなくしゃべる(書く)」という意味(研究社 新和英中辞典より)。

では、ワンコ(犬)を連れてぶらぶら歩くのは・・・・

wanco + rambler = wambler


というのは、どうだろう?




約2年半ほど、ネコブログをやっているが、ネコ以外のことを書きたいと思うことがしばしばあった。

このブログは犬と一緒にぶらぶら歩きをした時にであったものや出来事、あるいは日々の生活の中で、興味をひいたもの、好奇心をくすぐるようなものをとりとめもなく書いていければと思う。
trackback: -- | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。