fc2ブログ

Wambler A Go Go!

ワンコを連れて、山へ、海へ、川へ、出かけよう!

虫よけお札 

夕方のお散歩で、あんずのワン友のアルちゃんに会った・・・・

こんにちわアルちゃん

アルちゃん・・・・その頭のお札は、何?

それは・・・何?

アルちゃんママの言うことには、
「あっ、これ・・・人間用の虫よけシールなの。この子、顔の周りに蚊が飛んでいても全然気にしないんだもの。試しに貼ってみたの」

・・・・なんだそうだ。

効きますのよ

たしかに虫は・・・・よってこなかった。

人気ブログランキングへ

このシール、柴みたいに毛がゴワゴワしている子にはくっつかないとのこと。
洋犬の毛足の長い子だったら大丈夫みたいなので、該当犬種の方は試してみては・・・
スポンサーサイト



卵ボーロでランラン 

お台場に連邦の白いやつを見に行く前に、つばさドッグランによってみた。ここは、Yahoo!ペットでお知り合いになった白柴ちゃんたちが集まる所・・・・

お友達に会えるかな

たしかに、暑かった。首都高速の渋滞につかまって、現地に付いたのが10時半過ぎ。受付で登録カードを更新して、ドッグランにいくまでにあんずはバテバテ状態になってしまった。

あんちゃん、ここはねぇ~自由に走っていいんだよ!
     走ってごらんよ、走れば~、走りなさいよ・・・・


走ってあげてもいいけど

ごらっー! さっさと走らんか!

ほら、卵ボーロよ


卵ボーロで元気10倍、一粒で10メートルは、走ることができる。

走るあんず(1)


走るあんず(2)


走るあんず(3)


走るあんず(4)


楽しかったネ あんちゃん!

楽しかったわ

コラコラ・・・・

人気ブログランキングへ

初めてのドッグランはかなり楽しかったよう(卵ボーロをもらえたからかな)
次はもっと早起きしていこうね!

「連邦の白いやつ」を見に行く 

お台場にガンダム出現ときいて、ガンダムネタが大好きな女将ととーちゃん、あんずをつれて早速見にってきた。(注:ガンダム好きではなく、ガンダムをネタにするのが好きということですので・・・)

ちなみにまめつぶ本舗でガンダムをネタにする時の配役は・・・
   まめ→ニャンポウ軍の白いやつ・ニャンダム
   つぶ→つぶライト艦長
   あんず→ホワイトベース・白い木馬
                          となっている。

あんずは、ホワイトベースなのだ。

では、1/1スケールの連邦の白いやつは・・・

ガンダム立つ

こんな感じで突っ立っていました。


暑いんです

まめつぶ本舗のホワイトベースは、暑さにやられて早く地球(クルマ)に帰還をしたがっているのだが・・・連邦軍の長官たる女将は、任務を遂行するまでは帰還を許さない。

その任務とは・・・

ツーショットです

連邦の白いやつとのツーショット写真をとること。
こうして無事に任務を遂行したホワイトベースは、帰還を許された。

1/1ガンダム

周囲に人や建物をいれないと・・・小さいプラモデルでもごまかせるかもよ?

人気ブログランキングへ

お台場に到着したのは午後1過ぎ。
その時間帯はいつも家の中でお昼寝のあんずにとって炎天下を歩くのは辛かったかも・・・・
今度行く時は、もっと早く家を出よう

右と左 

川の遊歩道を行きは右側、帰りは左側と替えているのだが、いつも同じようなところで歩きたがらなくなる。

コース紹介

それならばと思い、今日は行きを左側から歩いてみた。あんずは目先が変わったのか、エンストすることなく歩いた。

左側は道幅が狭く、草もかなり茂っているのだが・・・

カワトンボ

カワトンボ(ハグロトンボ)をみることができたりする・・・

畑もあり、その畑には・・・

銀香梅

ギンキコウバイが咲いていたり・・・

カボチャの花

カボチャの花も咲いている。

たしかに雑草も茂っているのだが・・・

ヒメジョン

ヒメジョンだってきれいな花だ。

そして、この梅雨の季節を彩る紫陽花は・・・

紫陽花

いろいろな色を楽しませてくれる。

あじさいとあんず

このワンコは、おやつの砂肝を楽しみにしている。

人気ブログランキングへ

方向を変えただけで、いつもの道も新鮮! 発見だらけの道になる。

川辺の散歩道 

あんずの散歩コースの途中にある家の紫陽花がキレイに咲き始めた。

紫陽花


この階段を下りてちょっと歩くと、川の遊歩道にでる。

階段脇の紫陽花


この川の水量は普段はそれほど多くなく、ゆったりと流れ、サギ(青鷺)が魚をついばんだりしているのだが、関東地方は、2日連続で夕方から雷を伴って激しい雨が降った。

川の青鷺


川の土手の草がなぎ倒されているのを見ると、相当量の水が一気に流れたようだ。

増水した後の川

ちょっとした雨でもすぐ増水してしまうのが、都市河川の怖さ。(エビを拾ったのは、ここから2キロ程先の下流)


さあ、あんちゃん! がんばって歩きましょう!

まってくださ~い


人気ブログランキングへ

これから梅雨前線の活動も本格化
増水した川にはくれぐれも近づかないように・・・

その名は「イヌホウズキ」 

あんずと散歩をしていて、道ばたに咲いている花が気になることがある。

イヌホウズキ-1

ジャガイモの花にように見えるし、ナスの花にも似ている。両方とも同じナス科だから、花の形や付き方はにていて当然だが・・・


イヌホウズキ-2

家で何気にめくった「日本の薬草」(小学館刊)に、この花の写真が載っていた。名前は、「イヌホウズキ」でナス科の植物ということがわかった。熱をとったり、痛みを止める薬草ということだ。

あんずの鼻

イヌといっても、元々の由来は、否(イナ)が転じたということなので、イヌのハナとは全く無関係。実は毒があるということなのでご用心を・・・


人気ブログランキングへ

上を見れば鳥が飛び交い、下をみれば野辺の花が咲き乱れ、げに散歩は楽し・・・
わかった? あんちゃん。散歩は楽しむものなんだよ!

シンクロしてる? 

寝相の悪い者同士、寝る場所を替えても

のんびり・つぶとあんず


あんずのあくび


ねむい・つぶとあんず


深い眠りにつくつぶとあんず

同じ寝方をしている。

人気ブログランキングへ

来週には、エビちゃんを1階に下ろす予定なのだが・・・
さてどうなるかしら・・・

梅雨入りの風景 

あんちゃん、関東地方もやっと梅雨入りだって・・・

ツユ入りって

そのツユ入りとは違うわよ。これからしばらく雨の日が続くということよ。

ガーン!

でもちゃんと歩いてくれるわよね? カッパ着てさ・・・

おやつ次第

ゴラ~! 誰のための散歩だと思ってんのよ!

女将さんのため

そんなことを言わずに、さっさと歩きなさ~い!

人気ブログランキングへ

本日のエンスト回数2回
曇り空でも湿度が高し・・・これは人間もワンコもツライ!
-- 続きを読む --

水冷式ワンコ 

家を出てから15分でエンストするワンコ

暑い



暑いんです


動けません

水冷式ワンコなので、水は必携。添加剤として卵ボーロもしくは砂肝が必要。
かなり燃費が悪い。とてもエコ・ドッグとは言えない。

人気ブログランキングへ

このワンコには自動帰宅航行装置なるものが付いています。
ある一定距離、もしくは時間がたつと回れ右して勝手に家を目指します。

女将、子猫を拾うー最終回 

エビちゃんを葦薮の中から拾って1週間。今朝、あんずの散歩帰りにその場所を通ったが、ワタシがエビを探しに降りていった土手は、まだ葦が倒れたままだった(ワタシの体重が重いせいではないと思うが・・・)。そんな葦薮も時が経てば、ワタシが踏み荒らす前よりも、もっともっと茂るのだろう。そしてエビは日々成長している。

たしかに拾ったときより、つかむとズシッとした手応えがある。家の中を歩き回る足取りもしっかりしている。

でも、一番の変化は、顔の表情に変化がでてきたということだ。

拾った日はずっとクレートの中で過ごさせたが、2日目にクレートから出してもおびえてすぐに物陰に隠れてしまっていた。

物陰に隠れて

まめにグルーミングされても、無表情のままだった。この時はグルーミングというより咬んでいるようだった。つまりまめは自分が上だということを子猫のエビに教えていたのだろう。子猫相手に大人げないということではない。動物の世界では重要なことだ。

まめに噛まれて

3日目をすぎた頃から家の中を探検したり、おもちゃで遊んだり、疲れるとお気に入りのベッドで眠るようになった。

まめと遊んで

そしてまめは一緒に遊んだりして、一生懸命エビの面倒をみていた。

一人遊び


たまには・・・

もういいでしゅ~

まめのグルーミングを嫌がって、反抗することもある。

最初無表情だった顔が、徐々にいろいろな表情をみせるようになってきた。

エビちゃんのとっておきポーズ1

  ↑エビちゃんのとっておきポーズ1

エビちゃんのとっておきポーズ2

  ↑エビちゃんのとっておきポーズ2

このことが一番うれしい。

人気ブログランキングへ

今のところ、エビちゃんのお仕事は・・・
ごはん→遊び→トイレ→お昼ね→ご飯→遊び→トイレ→お昼ね・・・の繰り返し

今日も、まめつぶあんず~と同じ内容になります。そして「女将、子猫を拾う」は今回で終了です。
次は・・・一等大当たりの宝くじを拾いたいと思います。

女将、子猫を拾うーその4 

そろそろ子猫の名前を真剣に考えなければならない時がきた。便宜上、いままで「チビ」もしくは「チビちゃん」と呼んでいたのだが・・・・

チビ~ご飯よ


まずい…このままでは

「チビ」と呼ぶと、くるようになっていたのだ。

子猫を拾って3日後位に名前をどうするか、とーちゃんと話し合ったのだが・・・

名前をどうするか?


ゆずぽん!?

奉公ネコの名前を「つぶつぶ」とか「まめまめ」とか続けて呼ぶことにこだわったとーちゃんの意見で、話し合いは不毛な結果に終った。


そしてさらに数日後の土曜日のお昼・・・・

海老天玉丼

昼ご飯を食べた食堂の壁に貼ってあったメニューを見て、閃いた!

そうなんだ! あの子は・・・

エビちゃんではなく…


海老フリャ~なのだ


ごはんちょ~だい

ピンと伸ばしたシッポが、海老フライに見えるのだ・・・・

海老フライみたいなシッポ

そして、子猫の名前はエビちゃんに決まった!

人気ブログランキングへ

エビちゃんの体重は6日時点で 490グラム
ほぼ1日に10グラムずつ増量中。500グラムを超えれば一安心・・・
今日は、まめつぶあんず~と同じ内容になります。

カメラ目線はアッチ 

今週にはいってから、朝の散歩を嫌がるようになったあんず。まだそれほど暑くはないのに、これから先が思いやられる。まして今日は朝から曇の天気、上着が必要なほどの気温なのだが、それでも歩きたがらない。

そんなあんずでも、柴友達に会うのはうれしいことで、挨拶しようと頑張って歩く。赤柴のテッ(テッペイ)ちゃんに会うのは今週は今日が初めて。

お久しぶり~

そんな仲良し2匹を写真に撮ってあげようと思い・・・

モデル料は砂肝よ



アッチ向いてにっこりよ



アッチも知らないの



砂肝いらないって



全部アタシのよ

コラッ! そんなイジワルしちゃいけません。
テッちゃんの分は、ママに渡しておいたからママからもらってね!

人気ブログランキングへ
なかなかカメラ目線をくれなかったテッちゃん
次はちゃんとカメラ目線ちょうだいね!

女将、子猫を拾うーその2 

さて、拾った子猫ちゃんをどうやって持ち帰ったか・・・あんずの散歩袋にはウンPを入れるためのレジ袋がいれてある。とりあえずその袋に入れ、それから散歩袋に入れた。乱暴な扱いに思えるかもしれないが、こうすれば袋から飛び出すことはない。

帰宅後に一番先にしたこと・・・それは子猫をちゃんをシャンプーすること。万が一ノミやダニが付いていたら、つぶやまめ、あんずにも移ってしまう。お湯を二回ほど代え、シャンプーで洗ったが、それほど汚れはでなかったし、ノミもダニも付いていなかった。

シャンプー後に子猫ちゃんの部屋を空いているクレートにペットシートを敷いて作ってあげる。ご飯はウェット食をお湯で伸ばして出してあげると、ムシャムシャ、よい食いっぷりだった。

見守るつぶとまめ

興味津々でクレートを見るつぶとまめ。

待ちきれないまめ

この日は、ずっとクレートにいれたままだったが、まめは女将が止めるのもきかず、どうしても挨拶をするといって聞かない。

子猫用トイレ

    ↑食品トレーで作ったトイレ       ↑百均整理トレーで作ったトイレ

トイレは食品トレーで代用していたが耐久性に乏しいために、今日買物に行った百均ショップで冷蔵庫の整理トレーがピッタシだと思い、購入。ネコ砂を入れたら、立派なトイレになった。

今日は、午前中に動物病院で健康診断と検便をしてもらった。生後1ヵ月弱、肉付き良好、体重430グラム。検便の結果、寄生虫の卵はなかったが念のために虫下し薬を予防投薬してもらった。

子猫ちゃん

どうも彼女はトイレをベッドとして使いたいみたいだが・・・

人気ブログランキングへ

さてさて・・・この子猫ちゃんをどうしようか、ただ今思案中。
つぶの機嫌がえらく悪いので、やっぱり里親様を募集するしかないかしら・・・
今日も、まめつぶあんず~と同じ記事になります。

女将、子猫を拾うーその1 

今朝のあんずの散歩帰り、いつものように川の遊歩道を歩いていると、川の方から子猫の鳴き声が聞こえてくる。

子猫の鳴き声

遊歩道側は下草は狩られているが、川に降りる土手の方は背の高い葦が茂っている状態・・・土手を降りて探したが発見できなかった。鳴き声もやんでしまったので、探すのをやめてその場を離れた。

この

が、50メートル程歩いたところで、どうしても気になる。引き返してみて、まだ鳴き声が聞こえるようだったら・・・その子猫はきっと「ココにいるよ!さがしてよ」と言っているのだろう。
戻って見ると、鳴き声は聞こえていた。

お~い どこにいるんだ

絶対さがしてあげようと、あんずを立ち木につないで、薮の中を漕いで下に降りて行った。
ワタシが草をかき分ける音に怯えてか、鳴き声が止む。しばらくじっとしていると大きな鳴き声が・・・

発見

葦の根元に白い物体を発見した。水面ギリギリのところで、葦の根元にひっかかっていた感じだった。

手のひらサイズ

持ち上げてみたら手のひらにスッポリ収まるサイズだった。しかし歯はしっかり生えていて、いきなり噛まれた。まぁ、それだけ元気ということか・・・

あまり汚れていない状態や、鳴いていた場所を考えると親ネコと離れたということは
考え難い・・・・一生懸命に鳴いたことが、この子の命を救った。

人気ブログランキングへ

ワタシの人生の中で、初めて子猫を拾った。
以前、公園の植え込みの中に箱に入れられて死んでいる2匹の子猫の姿を見て以来、
そういう状況には出くわしたくなかったのだが・・・・
今日は、まめつぶあんず~も同じ記事になります。