Wambler A Go Go!

ワンコを連れて、山へ、海へ、川へ、出かけよう!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ワンコと一緒にキャンプーその4 

ワンコと一緒にキャンプーその4
●クルマ酔い対策ー後編

今回は、クルマ酔いするあんずをどのようにクルマに積み込んで イヤ・・・乗せているかをご紹介します。

どうして酔うかね

ワタシの運転が乱暴かどうかは別にして、やはりワンコを乗せたら「急発進・急ブレーキ・急ハンドル」は、やめましょう。


●クレートの活用

あんずはクレート(キャリーケース)に入れて乗せます。
あんずが家にやってきた時、このクレートで寝るようにトレーニングしました。このクレートが彼女のハウスなのです。

あんずが使用しているクレートはバリケンネルのクレートで、右のサイズものを使用しています。中で体の向きを変えられるくらいの大きさ、小さめのものを選ぶとよいでしょう。


このクレートをクルマの荷室に積み込んだ状態です。(クルマはステーションワゴンで、リアゲートは上に開くタイプです)

積み込んだところ



固定

そしてクレートを固定します。しっかりと固定することで、ワンコが感じる揺れを低減することになります。


固定

車種によっては、ペットを乗せるためのいろいろなグッズが用意されていますが、クレートを固定するのであれば、自転車やバイク用の荷物用の紐で十分です。

●給水器と敷物
給水器

クレートには、いつでも水が飲めるように給水器を取り付けてあります。
クレートの中に敷くものとして、一番のおすすめは水洗トイレ用のちり紙です。ペットシーツは裏に防水のビニール加工が施されているため、ワンコが丸め込んでしまったりすると、吐瀉物等をうまく吸水できません。バスタオル等は臭いがついてしまうので、やめた方がいいでしょう。
水洗トイレ用のちり紙は吸水性がよく、吐瀉物等を全部それに包んで取り除くだけなので、掃除も簡単です。


あんずをクレートの中に入れると・・・

移動式カプセルホテル

こんな感じです。

渋滞時の stop and go、山道のくねくね道、凸凹の傷んだ道路を走らない限り、彼女はこのクレートの中で結構快適にしています。高速道路での休憩時、リアゲートを開けると、彼女はほとんど寝ています。

*重要* リードはつけたままでクレートに入れます。

人気ブログランキングへ
お役に立てたら、クリックお願いします。

コメント

こういったものは乗らないのです

残念ながら、小型のセダンなので小太郎サイズは乗りません。
結局、日中だと殆どお座りして外を見てます。
不安定なので、軽~くブレーキ踏んだだけでよろけます。
新潟帰省ではご飯抜きで臨んでも2度吐きました。

でも、帰りは精神的に疲れきってたのと、夜だから外を見ずに伏せることで、吐かずに帰れました。

コタリーマン #- | URL | 2009/04/07 00:31 * edit *

コタリーマンさんへ

小型セダンに乗っても酔わない子はいます。近所のゴールデンRちゃんは、小型セダン(カローラ)の後部座席の床に乗っています。ミニバンの荷室にかけるカバーの上に腹這いになって乗っている子もいます。そういうのを見ていると、クルマ酔いについては本当に個体差ということになります。ただイスから落ちるとかよろけるとかは危険ですので、ワンコ用のシートベルトをするというのはどうでしょうか?

オーナーさんが、どういうふうにクルマにワンコを乗せるかを調べたいと思って、アンケートを作ってみました。ある程度サンプルが集まったら報告できればと思います。

ツブシオ #- | URL | 2009/04/07 21:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ancowanco.blog44.fc2.com/tb.php/11-500aff88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。